エラー処理

JavaScriptで例外を投げるは throw を使います。 throw 文が実行されるとその後の処理は行われずに、コールスタック内の catch ブロックに制御が移行されます。呼び出し元にcatchブロックが存在しない場合はその場でプログラムを終了します。

1. 実行例

throw は文字列や、数字、オブジェクトなどを引数に取ることができます。

// 文字列で例外を発生させます
throw "Error Message";

// 例外でオブジェクトを投げる
function UserException (message) {
  this.message = message;
  this.name = "UserException";
}

try {
  throw UserException("hoge");
} catch(e) {
  console.log(e.message);
  console.log(e.name);
}

2. 参考リンク

results matching ""

    No results matching ""