現在日時の文字列の生成

JavaScriptで年月日時分秒を取得するコードです。タイムスタンプの作成や日時の動的な表示などで活用できます。

/**
 * 現在日時の文字列 YYYYMMDDHHMMSS を返す
 * @returns {string} 日時の文字列 "20170101000000"
 */
const currentDateTimeString = function () {
    // 現在の日時
    var d = new Date();

    // 2桁のゼロ埋め
    var fillZero = function ( number ) {
        return ("0" + number).slice(-2);
    }

    // 年月日時分秒を取得
    var year = d.getFullYear();    // 年
    var month = fillZero(d.getMonth() + 1); // 月
    var date = fillZero(d.getDate()); // 日
    var hour = fillZero(d.getHours()); // 時
    var minute = fillZero(d.getMinutes()); // 分
    var second = fillZero(d.getSeconds()); // 秒

    // 年月日時分秒の文字列の作成(YYYYMMDDHHMMSS)
    var str = year + month + date + hour + minute + second;
};

1. Date()オブジェクトのメソッド

Date()オブジェクトのメソッドの代表的なメソッドです。

項目 説明
getFullYear() 年度の取得(例2017)
getMonth() 0-11までの月。表示のためには+1する必要がある
getDate() 1-31までの日付
getHours() 0-23までの時間
getMinutes() 0-59までの分
getSeconds() 0-59までの秒
getDay() 0(日曜)〜6(土曜)までの曜日

2. ゼロ埋め処理

JavaScriptで数字 7 から 07 のようなゼロ(0)埋めした文字列を作る例です。

var number1 = 7;
var str1 = ("0" + number1).slice(-2);
console.log(str1); //=> 05

意味としては、 "0" + number1"07" を作り、 slice(-2) で右から2文字を切り出してくれます。

3. 参考リンク

results matching ""

    No results matching ""