sleep処理

以下は1秒待つ処理のサンプルです。

function sleep (msec) {
  var d1 = new Date();
  while (true) {
    var d2 = new Date();
    if (d2 - d1 > 1000) {
      break;
    }
  }
}

// 1秒 (1,000ms)
sleep(1000);

こちらは可読性が高く使いやすいですが、常に Date オブジェクトを作り続けるので、CPUには優しくなさそうです。

1. 参考リンク

results matching ""

    No results matching ""